こんにちは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

この記事はどちらかというと自分への備忘録

として書いていますが、読者の方にも参考に

してもらえる部分があると思いましたので、

書くことにしました。

 

 

私のようにブログで情報を発信する立場の方

は、記事を書きづづけていくことが使命だと

思います。そして、日々試行錯誤して記事を

更新していることと思います。

 

 

私もそうです。

 

 

私が記事を書く時にいつも苦労するのが、

 

 

・記事の構成

・読者に伝えたい内容を文字化

 

 

記事の構成は、ある程度形式は決まって

いますが、コンテンツの内容によって、

少しずつ違うのかなとも思います。

 

 

読者に伝えたい内容も記事の特性によって

変わってくるので毎回考える必要がある部分

になってきます。

 

 

今回はこの2点について自分が気をつけて

いこうとおもっている内容をまとめたいと

思います。

 

 

私が思う記事パターン3種類はこれ!

 

 

 

 

私は記事のパターンとしては、以下3パターン

かなと思っています。

 

 

〇トレンド記事

⇒新規ユーザに自分のブログの存在を知って

もらう為の記事。扱っているジャンルの最新

情報や話題になっているコンテンツを紹介する

 

 

〇お悩み解決記事

⇒扱っているジャンルについてユーザが

困っている事を解決できる記事。この記事に

よって読者がそのブログを「信頼」する機会

を与えることが出来ます。

なので「信頼」を勝ち取るためには、有益で

他のブログでは紹介されていないような

コンテンツを書く必要があります。

 

 

〇商品紹介記事(レビュー記事)

⇒扱っているジャンルについて困っている

ことを解決してくれる商品を紹介する記事。

その商品を使った感想、使用感をしっかりと

伝える。更にデメリット・メリットも伝えて

ユーザにその商品を購入すべきかすべきでは

ないか選択させて上げれる記事を作ります。

 

 

記事の構成について

 

 

記事の構成については、有名だと思いますが、

読者に読まれやすいとされている共通の形が

あります。以下3つの部分で構成します。

 

 

・トップコピー

⇒読者に興味をもってもらえるような

魅力的な文章で読者を惹きつけます。

 

 

・ボディコピー

⇒当記事で伝えたいことを書くメイン箇所。

コンテンツ量も増えるので、読者に飽きさせ

内容な工夫が必要になるのかと思います。

また、見出し等で見やすくする、画像や動画

で見栄えを意識する必要もあります。

 

 

・ボトムコピー

⇒結論の部分にあたります。この記事で伝え

たかったメッセージを簡潔にまとめる必要が

あります。

 

 

記事パターンによって読者に伝えたい内容は変わる

 

 

記事の構成は先ほどご紹介したように大枠

は決まっていますが、読者に伝えたい内容と

記事パターンによって少しずつ変わるので、

意識しておかないと、この記事で読者に何を

伝えたかったかわからなくなることがある

ので、注意が必要です。

 

 

トレンド記事の場合

 

 

トレンド記事は扱っているジャンルの最新情報

や注目されている話題を紹介することが目的に

なるので、読者を楽しませるような記事を意識

する必要があるのかと思います。

 

 

メッセージを伝えたい内容は、新規読者を

ターゲットにしているので、幅広い世代に

読まれるように、より一般的な内容にする

必要があるのかと思いますね。

 

 

情報が新しいものを取り扱うので、記事に

かける情報も少ない可能性がありますので、

自分の意見や補足情報なので、補うのも1つ

の手かと思います。

 

 

お悩み解決記事の場合

 

 

お悩み解決記事の場合は、ある程度その記事

で伝えたい読者のターゲットは絞られている

必要があると思います。

 

 

悩みを解決する、悩みに対して有益な情報を

提供する必要があるので、悩みに対して深く

調べる必要がありますし、どんな記事を求めて

いるのか意識して書く必要がありますね。

 

 

自分が同じ悩みを持っている場合は、自分の

悩みについての経緯や悩みの深さを共有する

ことで、読者の「共感」を得ることできるの

で、しっかり書いていきましょう。

 

 

もし、自分がその悩みを持っていない場合で

ブログで紹介する場合は、「ペルソナ」を

しっかりと考えてから、記事構成を考えて

言った方がより読者の共感を得ることが出来る

と思います。

 

 

商品紹介記事(レビュー記事)の場合

 

 

商品紹介記事の場合は、まずその商品を紹介

したい対象をイメージします。先ほども紹介

した「ペルソナ」でターゲットのイメージを

行います。ペルソナで決めたターゲットに

対して、伝えたい内容は以下です。

 

 

その商品を使ったら、どのような未来が

待っているのか

 

 

その商品を使ったら、使用者にどのような

メリットがあるのか

 

 

商品の使用感、感想をメリット、デメリット

も含めて正確に伝える

 

 

自分の理想通りの記事を書くにはトレーニングは必須

 

 

 

 

 

これは私にも言えることですが、記事は

書かないと、自分が思っているような内容は

書けません。頭の中でイメージできても、

実際書いてみると、

 

 

「あれ、なんか違う??」

「読者に伝わるかな??」

 

 

っと感じることが多々あります。これを

理想に近づける為には、練習あるのみです。

日々練習していると、ちょっとずつですが、

前より進歩したと感じる場面がふと訪れる

タイミングがきっと来ると思いますよ。

 

 

私はこの記事でご紹介した内容を意識して、

これからも記事作成を続けていきたいと

思います。

 

 

あなたも記事作成に困っているのであれば、

参考にしてもらえると、うれしく思います。