こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

 

介護系のスクールを探す場合、自分で1つ

ずつ探すのは非効率なので、おすすめでは

ないですね。自分で学校を探すとなると、

 

 

1.ネットや人から周囲の介護スクール情報を収集する

2.収集した介護スクールのホームページを1校ずつ確認する

3.各スクールで資料を請求する

4.その度に氏名、住所を登録する

 

 

これだけのことをしないといけません。

資格の勉強をする前に疲れてしまうかも

しれないですね。

 

 

また、各学校で自分の個人情報をさらさ

ないといけないというのもなんとなく

気分がいいものではないです。

 

 

この記事では介護スクールの資料請求

で有名なシカトルの評価を客観的に判断

したいと思います。資料請求を検討して

いる方の参考になればうれしいです。

 




 

シカトルの評価をする前に

 

 

シカトルのサービスを評価する前に、

サービス内容について確認します。

 

 

資料請求をする手間

 

 

 

 

自分で各スクールに登録するのと比較し、

シカトルの場合は、

 

 

取りたい資格を選択して、地域を選んだら

一括で各スクールの資料を一括請求。

 

 

あとは資料が届くのを待つ。これだけです。

資料請求の所要時間は2~3分くらいです。

 

 

何となく介護系の学校に行きたいな・・・

 

 

 

 

介護系の仕事に就きたいから学校を探してる

くらいの方もいらっしゃるでしょう。シカトル

の場合、主要な介護系の資格スクールの資料を

一括で請求が可能なので、とりあえず、興味の

ある資格の情報を確認したい時にも便利です。

 

 

・介護職員初任者研修

・実務者研修

・介護福祉士受験対策

・ケアマネジャー受験対策

・医療事務

・調剤事務

 

 

これだけの資格、研修の情報を取得可能です。

また、介護系ではないですが、

 

 

・心理カウンセラー

・保育士

 

 

上記のような人気資格のスクールの資料

も請求可能なので、何となく学校や資格

を探している方にも一見の価値ありです。

 

 

シカトルの資料請求サービスは有料?

 

 

資料請求がかなり効率的にできるので、有料

級の価値がありますが、シカトルの資料請求

はすべて無料になっています。

 

 

数分の作業で自分が気になるスクールの比較、

検討が一気にできるにもかかわらず、無料

なので、気軽に資料請求が出来ます。

 

 

また、よくあるスクールからの勧誘も

シカトルから請求すれば、されることは

ないので、無駄な時間を省けるのも助かり

ますね。

 




 

シカトルの評価を左右するポイント

 

 

他にも資料請求サイトってあるけど・・・

って思った方多いのでは??

 

 

資料請求サイトってシカトル以外にも

たくさん存在していますので、別のサイト

でも資料を請求することは全然可能です。

 

 

ですが、目的によっては期待通りの学校を

探すことが出来ない場合があるので注意が

必要です。よくあるのが、自分がとりたい

資格の勉強が出来るスクールの情報が少な

いということです。

 

 

大手の資料請求サイトは多くのジャンルを

幅広く取り入れている反面、各ジャンルの

情報レベルが低い場合があります。

 

 

シカトルは資料請求サイトとしてはそこ

まで大きくないと思いますが、介護系の

スクール情報に特化しているので、介護

で学校を探している場合は、シカトルが

いいと思いますね。

 

 

平成27年の実績になりますが、シカトル

利用者が180万人を超えている事実が

証明していると思います。

 

シカトル

 

結論:シカトルの総合的評価は??

 

 

 

 

シカトルが実際使える資料請求サイトか

どうかの評価になりますが、結論は、

 

 

利用者の目的次第で優劣の判断あり

 

 

ってことになりますね。

 

 

つまり、あなたが介護系以外も検討して

いて、多業界の資格スクールも探したい

なら、もっと大手の資料請求サイトで

検討した方が情報は多いと思います。

 

 

ですが、介護ジャンルで絞っている方は

多くの場合、シカトルで検索した方がより

濃い情報で比較、検討が可能かと思います。

 

 

どちらにせよ、資料請求をする分には無料

なので、自分の胸を手を当てて、数分の

作業をすることに後悔がなければまずは

試してみてもいいかと思います。

 

 

>>シカトル公式サイトはこちらから

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。