こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

ブルーライトって怖いの?サプリで対策可能?

 

 

私は仕事でパソコンを良く使用するので、

目を酷使する日が多く、

ドライアイや眼精疲労に悩まされています。

 

 

 

これだけでもお腹いっぱいなのに、

パソコンやスマホを利用する人は、

ブルーライトにも注意をしないと

いけないので、気をつけないと

いけないことが多くて大変ですよね。

 

 

ブルーライトが目に良くないってことは

知っている人は多いですが、どのような

影響があるか知っている人は意外の少ない

ので、この記事で紹介したいと思います。

 

 

また、

 

 

ブルーライト対策でサプリはありなのか?

 

 

といったブルーライト対策についても

踏み込んでみたのでよかったら読んで

みて下さい。

 

 

ブルーライトが目に与える影響とは

 

 

 

ブルーライトは前述した通り、スマホや

パソコンの画面から出る光になりますが、

 

 

ブルーライトがやっかいな点は、通常の

光よりも強い光になるので、角膜や水晶体

で光を吸収しきれず、

網膜まで届いてしまうことですね。

 

 

紫外線の次に強い光のエネルギーを持って

いるので、「小さい太陽」だと言っても

言い過ぎではないと思います。

 

 

そんなブルーライトが目に刺激を与え

続けると、以下のような影響を人体に

与えることになります。

 

 

・眼精疲労

・睡眠のリズムが乱れる

・視力の低下

 

 

これらの直接的な影響に加えて、二次的な

影響としては以下のような症状があります。

 

 

・肩こり

・うつ病の発症

 

 

 

これらの症状は普段の生活でよく出る症状が

多いので、気づいていない方も多いかもしれ

ないですが、上記のような症状がある方はブ

ルーライトが影響している可能性があるので、

注意が必要です。

 

 

ブルーライトに負けない為の栄養素とは?

 

 

ブルーライトは現代社会では避けては

通れない光になっています。

 

 

スマホやパソコンを使用する時間は、

1日の大きな割合を占めているので、

しっかり対策しないと、

 

 

視力低下など回復が難しい症状を発症

するとやっかいなので、日常生活で

継続的なケアが必要です。

 

 

ブルーライトに負けないように眼を

メンテナンスする為には、外から

栄養素を取り入れる必要があります。

 

 

その栄養素は、

 

 

ルテインとアントシアニン

 

 

になります。

 

 

この2つ栄養素が何故ブルーライト対策に

必要な栄養素なのかと言うと、

 

 

抗酸化作用を持っているからです。

 

 

抗酸化作用はブルーライトを吸収する助けになる

 

 

ということです。ブルーライトが

目の中にはいってこようとしたとき、

 

 

活性酸素が発生します。

 

 

 

この活性酸素が目の機能を低下させて、

視力低下や眼精疲労のような症状を発症

しやすくします。

 

 

 

なので、抗酸化作用を持っている成分を

積極的に取り入れることで、

 

 

ブルーライトを吸収して活性酸素を

発生しにくくするんですね。

 

 

アントシアニンやルテインの摂取方法

 

 

 

アントシアニンは、

ブルーベリーやビルベリーなどで摂取

できますし、

 

 

ルテインはホウレン草やブロッコリー、

カボチャなどの緑黄色野菜から摂取

できますが、

 

 

日常の食生活では1日に必要な摂取量を

摂ることは難しいです。

 

 

また、ルテインは加齢とともに体内に

存在する量がどんどん減っていって、

しまいますので、中年以降の方が目の

トラブルで悩んでいる方は、

 

 

「ルテイン不足」

 

 

の方がけっこう多いですね。

 

 

1日に必要な、

つまりブルーライト対策になる為に必要な

ルテインやアントシアニンの量を効率的

に摂取するには、サプリメントが良いと

思います。

 

 

私が試しているビルベリースカットは、

アントシアニン、ルテインの配合量は

1日に必要な摂取量を余裕で超えています。

 

 

お試し版もあるので、気軽に試せる点も

評判がいいようです。

 

 

↓↓ビルベリースカット