こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

 

メタボメ茶のカフェイン量とは?

 

 

メタボメ茶を飲み始めようとしている方、

既に飲み始めている方は、メタボメ茶に

どれくらいカフェインが入っているのか

気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

本記事では、メタボメ茶のカフェイン量に

ついて調べて見ました。

 

 

その前に、カフェインって悪のイメージが

強いですが、実際の所どうなのでしょうか。

 

 

まずは、カフェインの効果や副作用、

1日に摂取してよいカフェイン量に

ついて確認していきます。

 

 

カフェインの効果

 

 

 

カフェインは、以下のような

効果を持っています。

 

 

・記憶力の向上

・運動の持続力の向上

・疲労を回復する作用

 

 

上記のような働きを持っているので、単純に

カフェインを摂取することが悪い事ではあり

ません。

 

 

目覚めた後や勉強中にコーヒーを飲むと

集中力が増したり、すっきりした気分に

なったりしますよね。

 

 

あれはカフェインの効果がもたらしてくれて

いるんです。「カフェイン=悪」というのは

間違いなので、勘違されている方はご注意を。

 

 

カフェインの副作用

 

 

注意しないといけないのは、カフェインの

過剰摂取です。

 

 

カフェインを多く取りすぎてしまうと、

 

 

・血圧上昇

・胃がむかむかする

・骨を弱くする

・貧血になりやすい

・夜眠れなくなる

 

 

などの症状が出る場合があるので、

適度なカフェイン量を摂取するよう

に注意しましょう。

 

 

カフェインの1日摂取量は?

 

 

カフェインの1日摂取量は日本で特に決めら

れていないそうですが、2015年に公表された

欧州食品安全機関(EFSA)のカフェインの

安全性に関する科学的意見書において、

400㎎程度であれば健康かつ成人の場合

問題ない量とされています。

 

 

ちなみにコーヒーの場合1杯100-150mg、

緑茶の場合、1杯40-50㎎程度だそうです。

 

 

メタボメ茶のカフェイン量について

 

 

メタボメ茶のカフェイン量は、

 

 

100mlで7.5mg程度です。

 

 

コップ1杯を200mlだとすると、

15㎎になります。

 

 

 

コーヒーの約10分の1、緑茶の3分の1程度の

となり、カフェイン配合量は比較的少ない

量になっています。

 

 

妊娠中や子供に飲ませる場合カフェインの量

は気になると思いますが、緑茶やウーロン茶

と比較して少ないので、特別カフェイン摂取

量を制限されていない限り、メタボメ茶は

飲んでも問題ないでしょう。

 

 

カフェイン量を抑えたい方にもメタボメ茶は強い味方!

 

 

 

調べた結果、メタボメ茶のカフェイン量は

比較的少なく、安心して飲めることが分かり

ました。

 

 

カフェイン量が気になってメタボメ茶の購入

を悩んでいた方の参考になればうれしいです。

 

 

以下に私がメタボメ茶を実際に試したレビュー

記事と、一番安く購入できる販売店を調べた際

の記事のリンクを貼っておくので、興味がある

方は読んでみて下さい。

 

 

>>メタボメ茶のモニター版を500円で試す価値あり?

 

 

>>メタボメ茶の販売店は?一番お得な購入方法とは?