こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

 

メタボメ茶のお試し版を購入した理由は、

値段が安かったってのも正直ありますが、

メタボメ茶の成分が個人的にすごく気に

入ったからです。

 

 

最初、メタボメ茶っているお茶があると

思っていましたが、健康茶ジャンルでよく

聞く代表的なダイエット茶をブレンドした

かなり強力なブレンド茶であることが

分かりました。

 

 

この記事では、そんなメタボメ茶の成分

について、ご紹介したいと思います。

 

 

メタボメ茶に含まれる成分とは?

 

 

 

メタボメ茶の主な成分は以下の4つです。

 

 

〇黒豆

〇ダイエットプーアル茶

〇ウーロン茶

〇杜仲茶

 

 

それぞれの成分について詳しく説明します。

 

 

メタボメ茶成分その1:黒豆

 

 

メタボメ茶を飲んで頂くとすぐにわかると

思いますが、黒豆の風味がまず最初に気づく

と思います。

 

 

個人的には香ばしい匂いですっきりとした

味わいなので、気に入っています。

 

 

黒豆には、ダイエットをサポートしてくれる

働きを持っていて、脂肪の吸収を抑えて、

基礎代謝を高くする働きを持っています。

 

 

また、「不溶性食物繊維」を含んでいるので

食欲を抑える働きも持っている優秀な成分

なんですね。黒豆が嫌いな人でなければ、

是非摂っておきたい食物の1つだと思います。

 

 

メタボメ茶成分その2:ダイエットプーアル茶

 

 

ダイエットプーアル茶は実は、メタボメ茶を

製造している会社であるティーライフさんが

販売しているお茶になっていて、

「重合カテキン」を多く含んでいます。

 

 

重合カテキンはカテキンを更に強力に

した成分で、以下のような働きを持って

います。

 

 

・脂肪や糖の吸収を阻害する

・口臭対策成分になる

・内臓脂肪を減らす

・コレステロール値を下げる

・アンチエイジング効果

 

 

どちらかというと女性が喜ぶ働きが多い

ような気がしますが、男性にも共通して

役立つ成分だと思います。

 

 

また、「没食子酸」という成分も含まれて

おり、没食子酸は体外に吸収されない脂肪を

出す働きがあるのでダイエット効果があります。

 

 

メタボメ茶成分その3:ウーロン茶

 

 

ウーロン茶は解説不要なくらいダイエットお茶

として有名ですよね。メタボメ茶の成分の1つ

に入っているウーロン茶は、ポリフェノールが

含まれており、脂肪の吸収を抑えます。

 

 

更に抗酸化作用によって老化や生活習慣病の

元になる活性酸素を減らす働きも持っていま

す。また副次的な効果として殺菌作用がある

ので口内の最近を減らす働きも持っています。

 

 

メタボメ茶成分その4:杜仲茶

 

 

杜仲茶は女性の方が馴染みが深いかもしれま

せんね。杜仲茶自体はノンカフェインなので、

授乳中や妊娠中の女性の好まれて飲まれて

います。成分としては、ミネラルが豊富で、

 

 

・鉄

・マグネシウム

・亜鉛

・カルシウム

・カリウム

 

 

等が含まれています。またビタミンB1,B2,B6

なども含まれており、生活習慣病を予防する

働きや脂肪を消化や吸収をサポートする働き

も持っています。

 

 

その他にも、むくみ改善、便秘解消などの

働きをもっているのでダイエット効果と

相性のよい機能を持っています。

 

 

メタボメ茶の成分は最強!まず試したい場合は

 

 

 

 

ここまでご紹介した通り、私が調べる限り、

メタボメ茶はダイエット効果、健康維持効果

のある最強レベルのお茶だと思います。

 

 

また、以下の記事でも紹介していますが、

味も普通においしいので、リピーターも

非常に多いですね。

 

 

↓↓

 

 

 

 

中には、健康に関する作用よりも味が

おいしいから続けているって方も少なく

ないです。

 

 

成分が分かっても実際飲んでみないと自分に

合っているかは分からないと思います。

 

 

私は少なくともそう思ったので500円という

格安で試せるキャンペーンでメタボメ茶を

試してみました。

 

 

飲んだ後、メールで送られてくるアンケート

や継続確認の回答をする必要がありますが、

どちらも1分程度で回答できる内容なので

負担は限りなく少ないと思います。

 

 

500円キャンペーンに興味がある方は

こちらの公式サイトから申し込み可能です。

 

 

>>【メタボメ茶】公式サイト500円モニターはこちら