こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

 

授乳中の方は、食べ物や飲み物に気を

使わないといけないので、大変ですよね。

 

 

 

母乳で育てていない場合は、あまり気に

する必要はないかと思いますが、母乳で

育てている場合は、母乳から赤ちゃんに

お母さんが摂取した成分が吸収されて

しまうので、好き勝手食べたり飲んだり

できません。

 

 

メタボメ茶は授乳中に飲んでも大丈夫?

 

 

その中でも日常的に飲む頻度の高い「お茶」

はカフェインも関係しているので、注意

されている方が多い印象です。

 

 

私が最近お気に入りのメタボメ茶は、

ダイエットを実践している方や、

 

 

中性脂肪を気にしている方の強い味方

になっているお茶なんですが、

 

 

授乳中でも飲めるお茶なのか気に

なったので調べてみました。

 

 

授乳期にカフェインを飲みすぎてはいけない理由

 

 

 

 

そもそもコーヒーや緑茶などを授乳中に

飲んではいけないとされているのは、

カフェインの含有量が多いからですが、

なぜ授乳中にカフェインを飲んでは

いけないのかご存じですか。

 

 

理由はいくつかありますが、

主に以下です。

 

 

・赤ちゃんの寝つきが悪くなる

 

 

⇒カフェインには覚醒作用があるので、

母乳を通じてカフェイン摂取した赤ちゃん

は寝つきが悪くなる可能性があります。

 

 

・赤ちゃんが脱水症状を起こしやすい

 

 

⇒カフェインは利尿作用があるので、

せっかく母乳で水分補給をしても

カフェインの影響で赤ちゃんが水分

不足になってしまう可能性があります。

 

 

・ママさんが貧血になりやすい

 

 

⇒カフェインは鉄分の吸収を鈍くするので、

授乳中のお母さんが貧血になりやすいです。

またカフェインと同じく、紅茶や緑茶に含

まれている「タンニン」にも鉄分の吸収を

鈍らせる働きがあるので、過度の摂取は

危険です。

 

 

授乳期に摂取してもよいカフェインの量

 

 

では、一般的に授乳期のお母さんが摂取

してもよいとされているカフェインの量

ですが、おおよそ、「コーヒー2杯程度

と言われています。

 

 

 

こちらの記事にも書いていますが、

 

 

 

 

コーヒー1杯で約100-150mgのカフェインが

含まれています。コーヒー2杯ということは、

少なく見積もって最低200mg程度なら飲んで

も大丈夫ということになります。

 

 

ちなみに緑茶の場合1杯40-50㎎程度

カフェインが含まれています。

 

 

メタボメ茶のカフェイン量とは?授乳中に問題ない量?

 

 

では、気になるメタボメ茶のカフェイン量

ですが、メタボメ茶100mlに対して、7.5mg

になります。

 

 

最低200mgは摂取しても大丈夫なので、

100mlの20倍で2000mlメタボメ茶を

飲んだとしても、カフェイン量は150mg

くらいなので、カフェインの量はコーヒーや

緑茶と比較してかなり少ないと言っていい

ですね。

 

 

公式サイトにも、医者にお茶を制限されて

いない場合は飲んでも問題ないと記載されて

いるので、授乳中にメタボメ茶を飲んでも

いいのか心配されていた方は、安心して下さい。

 

 

メタボメ茶は授乳中でも問題ないお茶

 

 

 

 

以上の調査結果により、メタボメ茶は授乳中

でも安心して飲めるお茶だと分かりました。

 

 

少しでも体系維持をしたいと考えている方、

中性脂肪が気になる方はメタボメ茶で摂取

カロリーを抑えていきましょう。

 

 

 

初めてメタボメ茶を検討されている方は、

500円で8日分試せるお得なお試し方法が

あります。私も最初はここから始めました。

 

 

>>メタボメ茶のモニター版を500円で試す価値あり?

 

 

通常購入や定期購入を考えている方は

こちらの記事で最もお得にメタボメ茶を

購入できる方法を紹介しています。

 

 

>>メタボメ茶の販売店は?一番お得な購入方法とは?