こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

 

【注意】

前置きでも書きましたが、

この記事には特に読者に対して有益な

情報は存在していません。

私に興味が無い方は読み飛ばしてもらった

方がよい選択だと思います。

このブログを書いているやつどんなやつ?

って思って頂いた方は読んでいって

もらえたらうれしいです。

 

この記事の続きです。

予想よりも内容が長くなったので、2記事

構成にしました。

 

 

社会人1年目に感じたこと

 

どうにかこうにか滑り込みで就職した私

ですが、そこからは比較的真面目に仕事

をしていたと思います。

 

就職先はIT系の企業で、

 

 

システムエンジニア

 

 

をしています。

 

 

当ブログのタイトルもここから考えました。

 

 

自宅から片道2時間通勤時間がかかる場所

に会社があったので、朝は5時起き、就寝は

12時の生活を続けていました。

 

 

何度も寝過ごしてしまって最寄駅を通り

越してしまう日もありました。

 

 

仕事は1年目から一人で出張にいったり、

システム開発をしたりと、適度に忙しく

作業をしていました。

 

 

最初の半年くらいは、新鮮な気持ちもあって、

それなりに楽しくやっていました。

社会人1年目なんて、よっぽど多忙(ブラック)

な会社でなければ、大体こんな感じでは

ないでしょうか。

 

 

しかし、入社半年後に疑問というか不安や

不満を感じるようになりました。

 

 

それは、中小企業のシステムエンジニアとして

勤めている方に多い悩みだと思いますが、

 

 

・給料が安い

・昇給があまり見込めない

・30年後も会社は存続しているのか?

・管理職に魅力を感じない(メリットが少ない)

 

 

こういった、将来設計に関わる悩みがおぼろげ

に出ては消え、出ては消えというのが定期的に

自分の気持ちの中に出てくるようになりました。

 

 

5年後、10年後の考え方は勤めた会社の性質でガラッと変わると思う

 

 

社会人1年目で感じたこの不安は年を重ねる

と加速度的に感じる大きさが強くなりました。

 

 

有名企業に勤めていたり、成功している同級生

の話がリアルに焦りに変わってきたのも理由の

1つかもしれません。

 

ともかく、社会人5年目くらいから、漠然と

 

 

このままでいいのか??

 

 

と感じるようになりました。

 

 

転職サイトに登録して話を聞いてみたり、

ビジネスセミナーに行って副業の仕方の

ような講習を受けに行ったりしましたが、

ビビりで繊細な私は結局、しっかりとした

行動をすることが出来ませんでした。

 

 

実際行動できていない自分にストレスを感じ

ギャンブルにその発散先を向けました。

 

当時、土日のほとんどをパチンコ、スロット

に充てていましたね。今思えばバカだったと

思えますが、当時はストレスで気持ちに余裕

があまりありませんでした。

 

 

結果、元々給料が少ないので、貯金が出来ず

ぎりぎりの生活をする日々がしばらく続き

ます。

 

 

その後しばらくして、彼女と結婚する話が

出てきて、いよいよこのままではどうにも

将来が見えてこないと感じるようになり、

何か行動をしないとと決意しました。

 

 

選択肢はたくさんありました。

 

 

・転職して、給料のいい会社に勤める

・会社に内緒でアルバイトをして貯金する

・今の会社で昇格して、管理職になる

 

 

しかし、これらの選択肢はどれも

 

 

会社に依存する生活は変わらない

気づきました。

 

 

よってこの時私は今の仕事に対する考え方

を変える必要があると思いました。

 

 

つまり、

 

 

会社に依存せず、自分から社会に対して

有益な情報を発信してその対価を頂き、

自分の力、ノウハウで、生きていきたい

 

 

ということです。

 

 

仕事はある程度割り切りも大切

 

 

これを実現するには、ある意味今の会社の

業務はドライな気持ちで接する必要があり

ます。自分の時間を確保する為には致し方

ないと私は思っています。

 

 

もちろん、手を抜いて仕事するわけでは

ないです。与えられた仕事はしっかり全部

やり遂げます。要は気持ちの問題です。

 

 

 

自分が出来る最も効率のよい方法を考え、

実践し、やるべきことだけやって定時で

自宅に帰って、自分のビジネスに時間を

費やすということです。

 

 

ちなみのこの記事も東京出張の新幹線の

中で書いています(笑)

 

 

「無駄」な残業が多い会社は早期撤退をおすすめしたい

 

 

友人の話や他の会社に勤めている人の話を

聞くと、残業時間が多いように感じます。

普通に23時帰宅を毎日している方も多く

いらっしゃいますよね。

 

 

もし、あなたが自分のビジネスを持ちたいと

思っているならば、そっこくその会社から

出て行った方がいいでしょう。もしくは、

時間のある部署に移動するとかですかね。

 

 

時間は平等で有限です。過ごし方次第で今後

の20年30年の人生設計が変わるとしたら、

どこかで大きな決断が必要です。

 

 

幸い、私の所属している部署は自分の作業を

自分でコントロールできるので、やり方次第

で定時にでも終電にでも帰ることは可能です。

(終電は言い過ぎかもしれませんが。。)

 

 

30代前半までには、独立します。まぁ自由人ですね。

 

タイトル通り、30代前半で私は独立する

ことを目指しています。人生一度きりなのに、

会社のルールに縛られて過ごすのはさっさと

卒業したいです。今はまだ副業という形で

自分のビジネスを頑張っていますが、早い

段階で自分のビスネスでごはんを食べて

いけるようになりたいと思っています。

 

 

もし、この記事を読んている方で私と同じ

ように、副業で自分のビジネスに挑戦している

方がいらっしゃたら、一緒に頑張りましょう。

 

 

サラリーマンの副業ビジネスは孤独との

戦いもあります。私も同じ境遇の仲間が

欲しいので、コメントも随時お待ちしてます。