こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

恐怖!必須脂肪酸不足がもたらす影響

 

必須脂肪酸という成分を

あなたはご存知ですか?

 

 

脂肪」という名前が付いているので

何となく体に悪いものっていうイメージ

があるかと思いますが、逆に不足すると、

危険な状態になります。

 

 

本記事では必須脂肪酸が不足した場合に

どうなるのか、また摂取する方法について

ご紹介したいと思います。

 

 

必須脂肪酸とは?

 

 

必須脂肪酸とは、大きく分けて

 

 

n-6系多価不飽和脂肪酸

 

 

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸

 

 

に分かれます。

 

 

細かい話をするとややこしくなるので、

簡単に説明しますが、n-6系の脂肪酸は

コーン油やごま油に含まれている成分で、

一定量は摂取した方が良いとされています

が、過剰摂取すると、動脈硬化になりやす

くなったり、血圧が上昇しやすい性質を

持っています。

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸は、オメガ3とも

呼ばれている成分で、青魚やアマニ油、

えごま油等に含まれている成分になります。

 

 

オメガ3の代表的な成分に

DHA・EPA」がありますね。

 

 

オメガ3の働きとしては、血中の悪玉コレ

ステロールの数値を下げて、善玉コレステ

ロールの数値を上げます。

 

 

また血圧を下げたり血栓を防止する働き

あるので、中年世代には特に重要な成分

となりますね。

 

 

必須脂肪酸不足になるとどうなる?

 

 

先ほどもお伝えした通り必須脂肪酸には、

多きく分けて2種類あるので、それぞれの

種類の必須脂肪酸が不足した場合に

どうなるかをご紹介します。

 

 

n-6系多価不飽和脂肪酸が不足した場合

 

 

n-6系多価不飽和脂肪酸が不足した場合、

以下のような症状が起きる場合があります。

 

 

・皮膚状態の悪化

・肝臓や腎臓におけるトラブル

・感染の頻発

・成長の遅れ

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸が不足した場合

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸が不足した場合に

起きるトラブルは主に以下になります。

 

 

・血中のコレステロールを増加する

・高コレステロール血症

・高脂血症

・動脈硬化

・皮膚の弾力性の低下

・湿疹

・脱毛

 

 

摂るべき必須脂肪酸は、オメガ3脂肪酸

 

 

 

n-6系多価不飽和脂肪酸(オメガ6)と

n-3系多価不飽和脂肪酸(オメガ3)ですが、

不足が懸念されているのは、

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸

 

 

になります。

 

 

 

理由はオメガ6は普段の食事で十分摂取量を

補えている方が多いですが、オメガ3は摂取

できる食品が青魚やアマニ油、えごま油に

なるので、普段意識して摂取しないと不足

しがちになりやすいんですね。

 

 

なので、不足しがちな必須脂肪酸である

n-3系多価不飽和脂肪酸を摂取するよう

に心がける必要があります。

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸(DHA・EPA)を効率よく摂取するには?

 

 

n-3系多価不飽和脂肪酸は主にDHA・EPA

を指すケースが多いですが、摂取する方法と

しては、青魚を積極的に摂取することが大事

ですが、

 

 

苦手な方や普段の食生活は変えたくない

 

 

って方もいらっしゃると思います。

 

 

その場合はサプリメントで摂取することで、

わずが数秒で必要なDHA・EPAを摂取する

ことが出来ます。

 

 

DHA・EPAのサプリは多くの会社が発売

していますが、個人的には

 

 

「信頼感」

「DHA・EPAの配合量が決め手」

 

 

だと思っていて、その条件に

合致するのが、大正製薬の

 

 

大正DHA・EPA

 

 

になります。

 

↓↓大正DHA・EPAサプリ1袋分

 

 

個別包装で持ち運びに便利で配合量は

トップクラスの600mgになります。

 

 

 

一部600mg以上配合されているサプリもあり

ましたが、あまり聞いたことがない会社が

販売していて、大きな瓶ボトルにまとめて

入っているので出張が多い私には持ち運びが

不便だったので、選択肢から外しました。

 

 

私が大正DHA・EPAを購入する際に参考に

した記事があったので、参考までにご紹介

しておきます。

 

 

良くまとめられているので、一読の価値

ありだと思います。