こんばんは。

名もなきITエンジニアです。

 

 

 

今日、普段あまり使用していないクレジット

カード会社からご利用代金明細書が届いて

おりました。

 

 

なんか買ったっけ??

 

 

っと特に思い当たる節もなく何気なく明細

を開いているみると「????」の明細が

載っていました。

 

 

 

AMAZONプライム年会費 ¥3,900

 

 

 

???

 

 

 

いや、会員になった覚えないし!!!(怒)

 

 

新手の詐欺か?と自分のAMAZON

アカウント情報を久しぶりに開けてみた所、

 

 

 

 

プライム会員になっておりました(笑)

 

 

どうやら、おととしの11月11日に私は

プライム会員に登録していたようです。

 

 

正直、自分の記憶には全く登録した覚えは

なかったです。。うん、ほんとにない。

 

 

で、ネットで検索してみたところ、同じ

悩みを抱えている子羊がたくさんおり、

安心(?)いたしました。

 

 

子羊たちがわいわい騒いでいる内容を確認

してみると、AMAZONさんはある時期無料

でプライム会員になれるキャンペーンらしき

ことをしていたそう。

 

 

ここからは推測だが、ちょうどそのタイミング

に買い物をAMAZONでした際に誤って登録して

しまい、それからほとんどサービスを使用せず

に1年を経過してしまったということらしい。

 

 

え、あと1年待たないと解約出来ないの??

 

 

理由が分かれば、こっちのものだ。

 

 

 

か・い・や・く

 

 

この4文字に久々に力を借りる時がきました。

 

 

とりあえず、即刻解約の選択をしたいところ

だったんですが、ちょっと待て。待て待て。

 

 

今仮に解約してしまったら、これから1年間

受けれるであったであろうプライム会員の

特典をそっこーで消滅させるということなん?

 

 

それは、さすがに勿体ないです。。

 

 

それならばこの1年間、毎日自分はAMAZON

プライム会員であったことを胸に刻んで350日

くらいプライム会員の状態を楽しんだあと、

解約してしまえば、十分会員期間を満喫できた

ということになりますよね。

 

 

ですが、忘れん坊の私が350日もAMAZON

プライム会員であることを覚えていれるはず

がない。結局来年も同じ状態になって、年始

早々に落ち込むことになることは目に見えて

います。さてどうする??

 

 

究極の選択をAMAZONは要求してきた!

 

 

で、色々調べてみると、どうやら今すぐ解約

すると、条件よって差額分が返金してもらえる

ようでした。

 

 

その条件というのは、プライム会員を利用して

いないことらしいです。このあたりの真相は

直接AMAZONさんに確認して頂いて方が

いいと思います。

 

 

参考までに、実際私がAMAZONプライム会員

になってからのアクションですが、

 

 

・商品を2~3個購入した。

 

 

くらいです。その際は送料無料だった

ような気がします。

 

 

返金してくれるのであれば、解約しか私の

選択肢はありません。解約時は以下のフロー

になります。

 

 

アカウントサービスから、

Amazonプライム会員情報の管理 を選択し、

画面左に「会員資格を終了する」という

リンクがあるのでクリックしてください。

 

 

そうすると、画面の下に以下の3択が表示

されます。一番右の「会員資格を終了します」

をクリックしてください。

 

 

 

 

そうすると、以下のポップアップが表示

されるので、後悔することがなければ、

 

 

 

 

左の「今すぐ解約する」を選択して下さい。

表示されている「¥3,276」は解約時期により

変動が予想されるので注意してください。

 

 

そうすると、画面が戻り、

 

 

「会員登録のキャンセルが完了しました。」

 

 

というメッセージが表示されますので、

これでプライム会員の解約、返金の手続きが

完了したことになります。

 

 

さすが、AMAZON。良心的ですね

 

 

いかがだったでしょうか。

解約時期により返金額に変動はありますが、

それでも、「誤って」とか「気づかずに」と

いうユーザに対しても親切だな。という印象

を持ちました。

 

 

AMAZONプライム会員は解約しましたが、

AMAZOANのサービスはこれからも利用

させてもらおうと思います。